緊急避妊薬を手に入れるには?

アフターピルが必要!となった場合、日本の場合は、処方薬ですので医師の処方が必要です。
「受診方法」と「薬の受け取り方」の組み合わせは3パターンあります!
それぞれの受診方法別の検索方法をまとめましたので、参考にしてみてください。

そもそも、緊急避妊薬とは?

猫ドクター

何らかの理由で避妊できなかった性行為の後に、望まない妊娠を回避するための最終手段の薬と言われています避妊できなかった性行為後、72時間以内に服用すれば、約80%程度の避妊効果が認められています。一般には、モーニング・アフターピルとも呼ばれています。日本で緊急避妊薬を手に入れるには、医師の診察と処方が必要です。

緊急避妊薬の「受診方法」と「薬の受け取り方」の組み合わせは、3パターンあります

病院・診療所の受診方法薬の受け取り方法
対面診療その場で受け取る
オンライン診療(スマホ受診など)薬局に取りに行く
オンライン診療(スマホ受診など)自宅等に配送

1.クリニック・病院に対面で受診して、その場で薬をもらう


良い点
・その場で確実に薬をもらえる
・現金で支払える
不便な点
・地域によっては、近くに婦人科がない場合もある
・休日・夜間対応の場合は、追加料金が発生するケースがある

2.クリニック・病院にオンラインで受診して、選んだ薬局に薬を取りに行く


良い点
・近くに婦人科がなくても対応薬局があれば、取りに行ける
・薬局なら制服でも行きやすい
不便な点
・受診するクリニックと取りに行く薬局、2箇所の予約を取らないといけないので少し複雑
・オンライン診療の決済の際に、クレジットカードやPayPay、LINE Payなどが必要(薬局での支払いは現金でOK)
・対応している薬局が少ない

3.クリニック・病院にオンラインで受診して、薬を宅配してもらう

良い点
・スマホのビデオ通話のみで完結
不便な点
・薬の配達に1~2日かかるので、診療後から受け取りまで時間がかかる
・自宅など、配送されたら困る場合は利用できない
・万が一、再配達になったら間に合わない
・オンライン診療の決済の際に、クレジットカードやPayPay、LINE Payなどが必要

【参考】 「オンラインで受診」とは?